アラフォースキンケア日記

アラフォーに効果のあるスキンケアをご紹介

お得に挙式。余ったお金で素敵な新婚旅行!

先月のお花見の頃、友人のHappyなニュースが入ってきました。

結婚おめでとう☆

全く男っ気のなかった友人R。

海が大好きで、LA留学時代同じクラスだった彼女。

当時は、初心者の初心者で、

よく授業についていけず、泣き言をもらしていました。

が、何年か後、目標は英語を話す外国人の彼氏を作ること。

と設定し、関西出身の彼女は沖縄に移住することを決意しました。

そして、米国軍基地の中にある語学学校に通いつつ、

アメリカ人との接点を狙っていたそうです。

とある日、友人の紹介で今の旦那様を紹介され、

とんとん拍子に彼氏→旦那様 と発展。

彼女の設定した目標をはるかに超えた素敵な旦那様で、

とてもびっくりしましたよ。

あの英語を話せなかった、男っ気のなかった彼女が、

英語を話せる彼氏がほしい。

と願ってから1,2年でその願いは現実になったのですから。

それまでの彼女は、彼氏もできず、仕事もスタバでバイト。

程度でしたから、人がうらやむ生活ではなかったのですが、

ひたすら目標の英語は地道にがんばっていたようです。

結婚式は、ハワイ移住(仕事の都合で)が決まっていたので、

すぐに式場を探さないといけないと焦っていたようです。

彼の方は、移住の申請書類を準備しないといけなかったので、

ほとんど彼女の方が式担当で仕事の合間を縫って手配したようです。

でも、とってもいい式でしたよ。急に決まって手配したとは思えない素敵な式でした。

沖縄でもビーチ沿いにあるホテルやチャペルは人気でしょうから、

さぞかし早めに押さえないと見つけられないと思いきや、

このサイト を教えてもらったおかげで、最速、しかも必要最小限の資金で式場を押さえられた。

と言ってました。

沖縄でもっとも海に近いチャペルを超格安で押さえることができた。と。

その余った予算で、思いっきりオアフ以外の島に移住前トリップしてましたよ。

うーん、なんて羨ましい。

私も電撃結婚望む!!!

 

お気に入りのアルガンオイル

アラフォーのお肌には、乾燥する季節の冬は超大敵です。

油断するとすぐに粉をふいちゃうし、パリパリのガビガビのお顔になります。

30代前半までは、ドラッグストアで適当に目玉商品の格安化粧水とかで済ませてましたけど、

さすがにそれでは水分不足、保湿不足が加速してシワシワなんで

思い切って、オーガニックスキンケアを1個購入してみることにしました。

Phyt’s というフランスの化粧水。

最初のうちは顔がヒリヒリするので、やめた方がいいのかな。。。

と思いましたが、どうやらこの症状は、今までの化学製品を肌に取り込んでいた時と違ったものを取り込んでいる。

という、新しいものを肌が察知して拒否反応を起こしている状況らしいです。

もし、ここでやめてしまうと、オーガニック製品を受け入れない肌になる。

と以前某スキンケア商品を扱うニュ〇〇〇ンを薦める友人が言ってたのを思い出しました。

やめずに使い続けないと。。。

と1か月続けると、お肌がもっちりしてきました。

おー、これはすごい。と実感した私は、最近更にはまっているのが

アルガンオイル。

馬油のような枕がべたべたになるものではなく、

化粧水や美容液をぐいぐい吸い込んでくれる役目をしてくれる万能オイル。

Melvitaというフランスのオーガニックスキンケアブランドのアルガンオイルは、

特にお気に入りで、男性でも使うことができます。

アルガンオイル男性

年齢も特に関係なく、私のような40代、50代には保湿やしわが減少する実感を早くに味わえると思います。

こちらのサイトでは、男性でもスキンケアに悩んで使っている人も多い。と紹介されているので、

悩みの多い年代の女性の他、男性も悩み解決に役立つかもしれません。

ちょっとお値段が高いかもしれないですけど、

安い化粧水を選ぶような、自分の肌の老化を、わざわざお金払ってまで促進する必要はないですからね。

 

 

 

アンティーク買い付けの旅

2年前の今頃、ちょうど今頃、買い付けという名目で1か月ヨーロッパを旅しました。

なつかしい。

この年は年に4回ヨーロッパに行き、アンティークマルシェにもたくさん駆けつけましたね~。

ドイツのアンティークマルシェは大規模で、

ベルリンで開催されていた日曜のマルシェでは交渉しながらたくさんのカトラリー類を入手しました。

中には、無料で持って帰ってください。

と、不要になった帽子や幼児向けの絵本、布地などが店舗の前に置かれていました。

私もすかさず、家族へのお土産として持って帰りましたよ。

日本でアンティークマルシェというと、マダムの訪れる高価なもの。

のイメージですが、ヨーロッパでは、不要になった昔から何代もにわたって使っていたもの。

をお得な値段で譲る。という位置づけ。

なので、掘り出し物だらけです。

毎回ヨーロッパへの旅では、アンティークマルシェに立ち寄るということをしてきました。

では、次の旅行では?

今注目しているのがカンボジア。

なぜかというと、ヨガで呼吸を整えたいから。

ほとんどやったこともないヨガを本格的に体験できるみたいだし。

アンティークマルシェなどあるのかしら??

旅は使い分けることにしよう。

カンボジアには、癒されに、そして感性を研ぎ澄ませに行こう!!!

と決めたのです。

買い物というより、体のメンテナンス的な旅になることを目的にしよう。

このサイトをみていると、今からわくわくします。

⇒ 海外一人旅 カンボジア

自分の好きな場所に、好きな時に行けるんですもの。

ヨーロッパもいいけど、ただただゆっくり流れる時間を楽しみに

カンボジアに行ってみようっと。

アラフォーのスキンケアには、オーガニック

ずーっと乾燥肌で悩んでいた過去からおさらばできたのは、

何と言ってもオーガニックとの出会いがあったから。

一つずつ、買い足していって、今では全てオーガニックに様変わり。

既製品の化粧品では、かぶれてしまって全くダメでした。

でも、4年前の渡仏をきっかけに、

ナチュラルオーガニックの化粧水や美容液に変えていきました。

というか、そんな商品を売っているのがほとんど。

日本ってまだまだスキンケアに関して後進国だな。。

っと感じましたね。

私は以前某大手メーカー品を使っていましたが、

選ぶ基準は、CMでよく見るから、とか、

それなりにいい値段がするからいい成分が入っているから。。

なんて、あいまいな基準で購入していました。

全くよくなる傾向はなく。

でも、フランスで出会ったPhyt’sというナチュラルオーガニック化粧水に出会ってから、

とってもお肌がイキイキしてきました。

お値段もそこそこするけれど、やっぱりお肌が違う。

1本の化粧水を使い切るころには、すっかりプルプルのお肌に。

とてもアラフォーには見られませんでしたよ。

18歳の子たちと一緒に働いたときは、

20代だと思われていました。

そんなこともあって、オーガニック生活はスタートしたのです!!!